.DS_Store

漫画の感想とかをひたすら書いていくブログです。

週刊マンガ感想2019年33号(8/31-9/6)

今年の9月、去年より涼しい気がします。いや去年が暑過ぎたのか。マンガも新連載攻勢が収まってややのんびりと。

YM40

「喧嘩稼業」「NeuN」掲載号。「電人N」出張掲載。

「パラレス・パラダイス」

岡本倫先生は天才ですね(挨拶)

そんなに交尾が気持ち良かったのか

ちがうのです やっぱりオスは気持ち悪いのです

これもちろん「交尾したところでオスに対する気持ち悪さはなくならないまま(なのでそれが未練なわけではない)」という意味ですが、「そんな風な発想をするなんてやっぱりオスって気持ち悪いな」という意味にも取れるダブルミーニングですね。やはり天才か……。

「雪女と蟹を食う」

直球高めが飛んできました。雪乃さんが素直に話してくれるとも思えませんが、北さんピュアな存在すぎて駆け引きとかできないのかもしれません。どうやって結婚したんだこの人。

ま、駆け引きゼロ打算ゼロの北さんだからこそ雪乃さんの本音を引き出せるという側面もあるのでバカにしてはいけませんが。そもそもこの旅自体がそうやって雪乃さんがほだされて(?)始まってますからね。彼女の自死への決意は固いと思いますが、何度もトライし続ければあるいは。

「キッズファイアー・ドットコム」

論破が目的じゃないと言っていますが、向こうだって論破が目的じゃないですからね。世のバラエティにはその手の悪い奴をやっつけるための番組が山ほどありますけど、荻上チキは論破というより、話の中身や本質を探り出すために深く掘り下げようとしての鋭い質問がメインですし。まあ勝った負けたにこだわらない、という結論には変わりないのですが。あ、チキじゃなくてリキでしたね。

「神さまの恋人」

なぜそうなる。トモは女体化して精神もMtFになった、でまあいいとして、ジンタは舞花ちゃん(VR)がまだいるだろ。

というか、伏線がまだ結構残ってるんですよね。なぜ「TOKYO 64」で若返りや女体化を始めとした奇妙な現実への影響が発生するのか、九条先生の目的はなんだったのか、とか。現実への影響の原因が突き止められればそれを応用して舞花先生の不治の病を治す流れなのになーと思っていたんですが、それだと本当に打ち切りコースなんですね。連載を続けるために舞花先生は犠牲になったのだ……犠牲の犠牲にな……。

「なんでここに先生が!?」

タダシくん、コンタクトないときに見えないのは小さいものに限らないぞ。あんなに目を細めているなら多分鼻先3センチ以遠は見えてないだろう。元気を出せ。

WJ40

新連載「ミタマセキュ霊ティ」掲載号。「剥き出しの白鳥」の鳩胸つるんが本誌進出。

「アクタージュ」

あえ、web配信するんでしたっけ? 完全に見逃がしてた。映像だと劇場特有の台詞の響きとか、沈黙の産み出す静寂とか、力強い演技が産み出す空気の震えとか、そういう全体的な「空気」が伝わらないので、どうかなと思うんですけど。阿良也は特に不利か。もっとも映像メディア慣れてるからといって、演劇の動きが伝わらないのは変わらないけど。

しかしクズ親父小説家かよ! 「雪女と蟹を食う」の出てこない旦那も小説家だし、「ドメスティックな彼女」の桃源先生もクズという設定だし、「官能先生」はクズでないがゆえに振られるし……小説家はクズ人間の妻子持ちたれ、というのが最近の世間の見解なんですかね?

Dr.STONE

ボールベアリングってダビンチの発明なのか……。流行ってた頃は機械系の産業展展示会だとベアリングメーカーが試供品としてハンドスピナー配ってましたね。実際小さいベアリングさえあれば3Dプリンタに放り込んで周りを成形して作れるし。

チェンソーマン」

藤本タツキ先生は天才ですね(挨拶)

お前に限っては心がもう人じゃねえんだよ

そうだよ(便乗)つけ加えるなら1話開始時点で最初から心が人じゃなかった(死んでた)ですけどね。更に言えば殺したのはあんたのジジイだけどね。

「呪術廻戦」

0巻に本過去編と現在の間にあった五条vs夏油の戦いが載ってるそうで。ちょっと読みたいな……

五条さんが負けた時点で負け戦は見えてましたけど、伏黒父は本当に「物理で殴ればいい」を地で行く存在だな。そういえばマキさんが同じ能力(と言っていいのか分からんが)でしたっけ? あの人もやたらめったらつええもんなそういえば。

恵の名前が出てきたのは単に連想しただけ? にしては言葉のつながりがおかしいような。あと黒井さんが普通にナレ死してましたけど(ナレーションではないけど)、見返したら盤星教になにか仕込まれたっぽい伏線が残ってんですよね。伏黒の工作じゃなかったってことは何か追加で種明かしがあるわけで、気になりますね……。

ゆらぎ荘の幽奈さん

マジメルートで攻撃力を鍛えまくった結果お互いに防御無効になるというロジック笑うんだがwwwwwなまじっかみんな強いから理由なく脱がしあいをすることが出来なくなっているのか……。

「サムライ8 八丸伝」

今回2inは乗り切ったわけですが、ハンタのinと次回の改編が重なると怪しい雰囲気が漂ってます。掲載順的には「神緒ゆい」と競っているので、逆に言うと合計で3outまでは耐えられる。次は年末の改編までなさそうなのでそれまでに抜かれなければ、ですね。

ところで気になるのは、八丸が「七つの鍵」になる人造侍を作ろうとしたときの余りだというのは分かったんですけど、残る7人の「兄弟」を使っても箱を開けられないのに、八丸と他の6人の天然の「鍵」を使えば箱が開く、という根拠はなんなんでしょう? 八丸は兄より優れた弟なの? それとも、やっぱり人工の「鍵」より天然の「鍵」の方が優秀なのですかね?

「神緒ゆいは髪を結い」

骨伝導しつこいな!

「二人の太星」

これハチワンで見たわ。盤から駒が取れなくなって切れ負けになる奴でしょ? 知ってる知ってる。

ところで僧侶のプロ棋士、現在はいませんが過去に実在しました。その名も"荒法師"灘蓮照。まあwikipedia読んでもらったらいいですけどとても面白いおっさんです。作中の優しそうなおじいさんとは似ても似つきませんが、まあある意味将棋指しらしい。

対局は、これは……なんだろう。急戦矢倉っぽい感じに見えますが、お互い飛車先を突き越しているのにそこからは仕掛けてないわけで、ううん。先手(豪月)の右四間っぽいとは思いますが詳細不明。問題の局面は▲2八飛と逃げるのは▽4八歩と叩かれてシビれる(▲3九金は▽5八とでトン死)。以下▲同金▽同と▲同飛▽4七銀みたいな感じか。「玉飛接近すべからず」の御手本みたいな例。▲1七飛にも▽4八歩▲同金▽同と▲同玉に▽6九銀みたいな感じでしょうか。

「トーキョー忍スクワッド」

f:id:skyhorse:20190908183142p:plain

ん? 「こんな有名な奴ばっかよく揃いましたね」→「設立後一年を経過した~」って流れから、「全てのスクワッドには年1の講習会参加義務がある(車検みたいな感じ)」と読んだのだけど、それだと「オマエ等若手」のDランクだけに有名スクワッドが揃ってるのおかしくない? ってことは、講習会は年1での参加義務があるんじゃなくて「設立後1年が経過したスクワッドは1回講習会を受ける必要がある(会社の2年目研修みたいな感じ)」ってこと? でもそれ、有名な若手ばっか揃った理由は説明できてないですよね。ああ、ひょっとして赤髪の人が「へ、へぇ……」って微妙な反応になっているのは「答えになってねえよボケが」って意味なの?

っていうか忍専用とはいえなんで高級ホテルがスラム街にあるのよ。忍なら自衛できるからいいのか? でもテツがドン引きするぐらい治安悪いんだよね……。仮に設立が治安悪化の前だったとしても、刑務所のそばに高級ホテル普通建てないでしょ。忍のセンス飛んでるなぁ……。

WM40

寄宿学校のジュリエット」最終回。

「五等分の花嫁」

選ばれると思っていない五月、選ばれようと思っていない四葉。五月の言葉が真っ先に届いたのは位置的な関係、に過ぎないのですが、自ら身を引こうとしていたか、自発的か否か、が勝敗を分けた、ようにも思います。ifでしかありませんが、もし四葉が出会った最初からアタックしていたら……風太郎が最初期に四葉の呪いを解いていたら……。アピールする機会さえ奪われた一花は、まあ、自業自得ということでいいんじゃないですか。

フータローはみょうが…

茗荷なのか……。

「ランウェイで笑って」

花岡まさかの再登場。まあ、彼は努力もしているのでこの世界にも居場所はある。女性恐怖症(広義)なのにメイちゃんの味方するのはよく分かんないけど。惚れたんか。その女はまずいぞ、やめとけ。

「男子高校生を養いたいお姉さんの話」

どうせ尊すぎて食べられないだろう、と思ったら意外と食えてましたね。克服したからか。あるいはやっぱりエキスを啜りたかったのか……。ところで家の床に落ちたものなら普通に食えると思うのですが。日本なら外履きじゃないし大丈夫じゃないですか? ダメ?

「EDENS ZERO」

ヴァルキリーが死んだ、と言われても半信半疑なのが正直なところですね(むしろ「なぜ信じるのか」と言われそうだけど)。紅夫人の魂をイケニエにしたら不思議な力で復活するんじゃないですか(適当)

WS40

「クロノマギア」最終回。脚本は牛乳先生、もとい河村ほむら先生がクレジットされていたのですが、話の流れは終始作画の東太郎先生の描き方そのものだなぁと思って読んでました。結構お互いに相談とかされていたのかもしれません。

「あおざくら」

おお、ドラマ化おめでとうございます。実写だとあんまり既刊ブーストはかからないのが微妙ですが。

しかし難しい時期にメディアミックスが決まりましたね。防衛大学校のいじめ問題が報じられたのは今年4月です。これまで作中でも色んなシゴキが描かれましたが、基本的には肯定的なスタンスで描かれた本作を、このタイミングでどうやって脚本化するのか?無難に済まそうとすればかえって大火傷、なんてことも考えられる昨今、流石に炎上商法に巻き込まれるとは思いたくないですが、心配なところです。

古見さんは、コミュ症です。

江藻山さんの早急な素材化を求めます。

トニカクカワイイ

ナサくんのようなスマートさを真似するのは中々難しいですが、エアコン自前取り付けぐらいならワンチャンありそうな気もする不思議。第二種電気工事士あれば行けるかな?と思ったら、なんとなくても行ける場合もあるとか。ごちゃごちゃ書いてありますが、要は「コンセントを新しく作ったり電線を追加したり、金属製のダクトをつけたりしないなら素人がつけてもいいよ」という感じ。家庭用のエアコンは普通200Vなので600Vの制限は業務用以上の場合の話かな。

もっとも、工事代ケチろうとしてやったことない人が見よう見まねでやるのはむちゃくちゃ危険なので絶対にやめましょう。感電というよりも、冷媒配管やポンプダウン(真空引き)の施工ミスで、最悪死にますので……。

君は008

野原の発動した「生命が危険な程の副作用」なだけに、どんなギャグがくるかと期待してしまいましたが、普通に命が危なくて苦しそうなだけでしたね。松江名先生から「ほら、お前が散々言ってた野原活躍回だぞ」と言われているようです。野原をギャグ要員扱いしてはならない(戒め)

双亡亭壊すべし

戦車が欲しい理由……?なんか突然ビリビリカーを欲しがりだしたようにしか見えなかったんですが、伏線とかありましたっけ?応尽が攻撃力を欲しがるとは思えないので、欲しいのは電力、ということになりそうです。すると六郎の言う「感触」とは、ひょっとして機械や金属?応尽がサイボーグ、ロボットという可能性が出てきましたね。

「第九の波濤」

そういう意味でならお前はもう五島には来んでよか。

(本土で勉強できるから)通わなくていい、程度の意味だろうなぁ……

ところで電気→水素→電気ってエネルギー変換効率が低いんですよね。せいぜい5〜6割ぐらいになっちゃうので、本当はバッテリー積んで直接電気を賄う方がいい。それでも燃料電池を使うとしたら、航続距離の問題があるからでしょう。電池の容量が増加しているので微妙ですが、それでも1.5〜2倍の距離は走れるはずです。逆に言うと近海の漁船ならあまり気にしなくていいと思うんですけどね……。

蒼穹のアリアドネ

なんかあっという間にビーフェ族編が終わってしまいました。ラシルがちょっと修行しただけで終了……? もうちょっと街の紹介とか、ビーフェ族の風習風俗とか、そういうのをまったりやっていくのかと期待していたのですが……あんまり展開に余裕がないのでしょうか。少し心配です。

YJ40

源君物語」最終回。香子さん攻略編はなくて、すっぱり16人で終わりましたね。次回作どうなるのか。いや全裸では待ちませんが。

「かぐや様は告られたい」

白銀父、こんなところで占いのバイトしてたのか……。つばめさん、フったことをやけに引きずっているようですけど、真実の愛を探すその相手が石上くんだとは限らないのが厄介なところですよね。実は普通に他に好きな人がいるかもしれませんし。

ゴールデンカムイ

あんなに過保護だったのにやけに聞きわけがいいじゃないですか杉元さん。過保護というよりは、「自分で決める」と、その言葉が聞きたかっただけなのかな。そのために敢えて違う選択肢を挙げた、自分の気持ちはあくまでオマケ、と……。言われてみればアシリパさんの口から「自分の意志で金塊争奪戦に参加する」という言葉は今まで出てこなかったように思います。「降りて欲しい」と思うことと、「二人で金塊を見つけよう!」と呼びかけに答えることは両立する。二人が本当の相棒になれた記念すべき日、なのかも。

「可哀想にね、元気くん」

落ちて踏みつぶれたチョコバナナ。中の串ごと真っ二つに折れています。まさか、八千緑さん、そういう性癖の持ち主……

「Good Job」

そろそろ言っていいと思うんですけど、このマンガ、職業人応援マンガなのに仕事辞めすぎやろ。それだけ今の職場のどこにも夢がないってことなのかもしれんが……むしろ、職業で人は規定されない、ということでしょうかね。本宮哲学というか、職場にこだわらずとも、その人の意志によってキャリアは開けるし、本当に意志ある人は束縛されない。本宮先生はサラ金をファンタジーとして描いていたわけで、オムニバス形式だからか、時代の要請か、はたまた心境の変化か、いくぶんリアリティに寄せざるを得なかったのでしょうか。

「MoMo」

橘さん、やっぱりアンフィスバエナの正体知ってるんだ。「毒を持って毒を制す」とでも言うような口ぶりですが、利用しあう、いわゆる「ビジネスライクな関係」ということでしょうか。御子神がアンフィスバエナを憎んでいることは把握した上で、協力関係を結ぶために特殊部隊への勧誘はせずに泳がせていた、のかもしれません。あんまりいい方法には思えないし、もうちょっと具体的な理由がありそうですが。

「ポチごっこ。」

ここの姉妹ホントにきっぷがよろしいなぁ。このタイミングで得体の知れない中年の居候を引き取りにきた兄貴を、いくらクソみたいなモラハラ野郎とはいえ、ここまで適切に怒れる人なかなかいないっすよ。「うわ、クソ野郎だな」と思いつつも、ポチは早く連れて帰ってほしいので笑顔でスルーする、そういう人が多いんじゃないかな。でも、スルーした分だけ世界は傷ついていくんですよね。ゴミクズはすぐにゴミ箱に入れなきゃダメよ。

とはいえあの監視カメラ画像がある限り花さんが法的に厳しい状況にあるのは変わりがないから……ここはやはり結婚で一発逆転狙うしかないですね!

モーニング40

新連載「望郷太郎」連載開始号&「シラタマ」「診断の多い育児漫画」掲載号。「へうげもの」の山田芳裕ですね。終末世界モノと言えば聞こえはいいが、おそらくは美少女も青年も、負け組ニートすら登場せず、主人公は大財閥企業の御曹司だった金の亡者的おっさん一人と、完全に好感度を投げ捨てた設定。ある意味(おっさん読者しかいない)モーニングだから出来る決断かと。

ドラゴン桜2」

これ三田マンガでよくある手口だけど、高原が落ちてない奴じゃないですか? 来週高原教頭が流暢に校舎を持つ全日制のよさを活かした改革案をベラベラしゃべり始めるに1000ペリカ

さて理事長代理がペラペラ言っていますが、では現時点での全国の通信制に通う学生は何人いるのでしょう。最近信用ならない政府統計によればおよそ19万人。通信制は3年で出なくてもよいので単純に3で割って比較すれば、1学年のおよそ6%が通信制に通う学生ということになります。ちなみに定時制はおよそ9万人。学年のおよそ1割が既に通信制定時制に通っているわけです。10%超えたら社会が完全に変化する? 本当に?

くしくも志倉千代丸がN高校のインタビューで言ってましたが、高校受験なんてのは親と教師の占めるウェイトが非常に大きいわけです。大事なのは人数や割合よりも、親世代の通信制に対する偏見をどう取り除くか、でしょう。それにはやはり大学の合格実績が一番重要。N高校としては、地方で近隣に有力な難関公立校がなかったり難関私立にいかせる余裕のない家庭に訴求していきたいわけですよ。そうするとやはりどうしても合格実績に東大京大旧帝医学部といった難関大学を並べられるようになる必要があるわけです。

まあ、東大の定員は3000名程度なので、同学年のおよそ0.3%は東大生です。2万人集めれば東大生の一人や二人毎年出てきてもおかしくない。割合そのままあてはめれば60人は合格できます。去年の灘高校の現役合格者数が59人でランキング5位ですから、広報効果はばっちりでしょう。そういう意味では間違っていないのかもしれません。なんか結局東大受験することになってしまいました。

「ハコヅメ」

うわーなにこれ。続きめちゃくちゃ気になるんだけど。でも特別編か……普通のナンバリングじゃないってことは次は通常編に戻るかもしれないんだよな。もし長いこと放っておかれたら忘れちゃうよ。

「はじめアルゴリズム

内田との別れが想像以上にはじめの上に影を落としていますね。はじめは根がやさしい性格だし、思春期の真っ只中にあそこまで人が変わっていく様を見たら色々考えざるをえまいよ。ただ、内田が帰ってきてどうにかなるものではないし、むしろこれははじめ一人で答えを出さなければならないところでしょうね。

「KILLER APE」

いわばチューニングテストみたいなもんだったらしい

チューリングテストのことだと思われる。おそらく誤植でしょうね。それかクソ編集者がチューリングテストのことを知らなくて写植を変えてしまったか。モーニングならあり得る……。

ハミルトン大佐が囚人として因われていて、しかもてっちゃんのことを覚えている理由が謎ですね。歴史の任意の時点で生き返らせることができるのにわざわざてっちゃんを覚えている時代を選ぶ理由……。「ハウザーのヤロー」という悪態からすると、てっちゃんの推測では「自分(てっちゃん)に歴史偉人部隊を指揮させるにあたって彼と共闘したことのある人物がいた方がよい」という判断で先走って生き返らせた、ということのような。てっちゃん反逆後も殺すには忍びなかったということか?

ところで、広島の刑務所って定期的に脱走が発生しているような気がするんですよね……。

「CITY」

f:id:skyhorse:20190908183656p:plain

あらゐけいいちやっぱり天才だろ。元お笑い芸人らしいけど、これ普通にコントのネタとしてもクソ優秀だわ。続き読みてえ……。

月マガ10

読切「最強装備がコレですか!?」掲載号。読切なのに第一話……?

C.M.B.

NYの美術館へのテロが題材ですが、あいちトリエンナーレの炎上が8月の初旬。偶然なようにも思いますが、加藤先生の社会問題への嗅覚を考えると侮れない。森羅が「表現の自由」とそれを守るためのプロトコルについて語るシーンは簡潔にまとまっており、分かりやすいです。

プロトコルは社会通念だとか公序良俗だとかあるいは法律だとか色んなもので定まるものかと思いますが、明文化されているわけでもないので、「プロトコルそのもの」についての議論が白熱することはしばしばあります。「既存のプロトコルから逸脱しているのではないか?」「既存のプロトコルは甘いのではないか?」と言った当事者や多数派の問いかけに応じないことは、社会感情を悪化させ、「表現の自由」を棄損することに結果することもあるでょしう。国内だとキズナアイNHK進出とかコンビニエロ本とか、フェミニズムとオタクの衝突がこうした「プロトコルを制限する」方向への議論を産みがちです。

しかしプロトコルによる規制を無批判に受け入れることは、プロトコルを悪用した実質的な「表現の不自由」に与することにもなりかねないため、規制強化側が常に正しいとも限りません。むしろ逆に「既存のプロトコルは厳しすぎる」というメッセージを表現者の側から提起することもあり得ます。ストリートアートや、最近だとろくでなし子逮捕問題などが挙げられるのではないかと思います。

ただ忘れてはならないのは、規制賛成・反対のどちらの立場でも、ほとんどの人は「表現の自由」を守ろうとして行動しているということです。規制賛成が「表現の自由」擁護派というのは一見奇妙な主張に思えますが、先述した通り、表現を社会に受け入れてもらうためにこそ規制をする、という立場なわけですね。

パンプキン・シザーズ

f:id:skyhorse:20190908184338p:plain

コレは完全に嘘をついている人間の目ですね……間違いない……

くろアゲハ

f:id:skyhorse:20190908184352p:plain

そっちかよ! ブラコンも愛の前では一人の男になるということか……。そういえば女体化エイラの姿は都姫のものだったと思うんですが、信愛的には理想の組み合わせだったということなのだろうか。女体化した原因はよく分からないままですけど、なんだかこのまま行くと男同士の姿でも普通にゴールインできそうな空気になってきましたね。いいと思います。

「Change!」

※感謝(たぶんいいバトルができたので)

嘘つけ絶対K-fishと仲良くなれたからだゾ

金蛇、ブレザーで参加してるんですね。まあ総文祭みたいなもんだと思えば変なこともないけど。むしろしおりんみたいに変に背伸びしてB-BOYファッションキメるよりも逆にパンチあるかもしれんね。