.DS_Store

漫画の感想とかをひたすら書いていくブログです。

週刊マンガ感想2020年11号(3/14-3/20)

YM16

新連載「ケンシロウによろしく」はジャスミン・ギュ(代表作「Backstreet Girls」など)の新作ギャグ。テーマは指圧マッサージです。導入では一応触れられていたヤクザへの復讐と秘孔突き、今後登場しない臭いがプンプンするんですが、タイトル詐欺にならないか心配ですね。まあ、登場しない2話目のほうが面白かったので、そのまま忘れさられたほうが幸せかもしれませんが……

「パラレルパラダイス」

復活する可能性70%ぐらいあると思ってたんですけど、やっぱり復活しましたね。岡本先生なので裏の裏をかいて死にっぱなしという説もありかとも思ってましたが……。しかし、いくら幼馴染とはいえ、目の前で首が再生したのに全く動じず何もなかったかのように話しかけられるヨータの精神もヤバいよ。

f:id:skyhorse:20200406222621p:plain

誰あなた? と思ったときに使ってください。

WJ16

ぼくたちは勉強ができない

理珠編は大学からのスタート。高校編も描き直すものだと思っていたので少し意外です。こうなってくると逆に話の流れというか、それぞれのルートにどのぐらいかかるのかが読めないですね。ただでさえこのヒロイン奥手揃いだし、一番積極的なりっちゃんで大学入学後ともなれば、真冬センセとかいつになるのかも検討つかんぞ……。っていうかうるかの告白、関城のモノローグでなかったことにされちゃうレベルの扱いでいいのだろうか?

僕のヒーローアカデミア

トゥワイスvsホーク……なんかホークが負けそうな気配がビンビンしますね……。トゥワイスもう覚醒しちゃってるし、これまでの経緯からしても作者に気に入られてて最後まで活躍見込めますもんね。ホークは最後の最後で手がにぶって取り逃す……というありがちなことになりそう。とはいえ取り逃がさずにトドメさしてしまうとホークのキャラ人気に影響ありそうなのでしかたないかな。作中では汚れ役でも、現実で受け入れられない汚れ仕事はやらせられないもんね。

約束のネバーランド

なんでレウィウス生きてんの……? そういう伏線あった? あったか……? すいません、黄金池編、昔過ぎて全く思い出せません……。でも、レウィウスは最後まで生き残ってたのでしっかりトドメをさしたような……でもオリバーが重傷だったから、治療のために急いで離脱したような……そういえばG・Pは自壊装置が仕掛けられているみたいな設定でしたっけ? ってことはトドメが確認できず、自壊するG・Pからお互い脱出していたってことになりますね……。もっとも、その後どこで何をしていたのか、という疑問はありますが、それは作中で流石に明かされるでしょう。

チェンソーマン」

クァンシと途中から戦いはじめた黒髪の男ですけど、あれ中身先生ことおっさんですよね? 落ちてきた末っ子でも食って若い肉体を得たのか。耳ピアスがそのままなので、憑依や乗っ取りみたく肉体を取り替えた可能性は低そう。そういえばまだ能力明かされていなかった気が……でも若返りって結構コスト高そうだし、おっさんそういう能力嫌いそうな感じもするんだけどな。

「アクタージュ」

黒山墨字オンステージ(立ってないけど)って感じですね。1話ごとに「山野上と比べて黒山演出はここが神」って叩き込まれていくのがもはや不憫なレベル。ま、いくら本職でないとはいえ、実際に仕事を引き受けたわけだから批判は受けてしかるべきなんでしょうが……。こうなってくると山野上を起用したあのクソプロデューサーの思惑が気にかかりますね。元々夜凪を売り込む、みたいな方向性だったはずなのに、これだと(汚名自体は山野上と王賀美が被ってくれるのかもしれませんけど)大衆にも関係者にも、対したインパクトは残せずに終わってしまうように思えます。黒山的には変に有名にならないままでいてくれたほうが嬉しいんでしょうけど……まあ、まだ公演続くので、次のシリーズはそれを見届けてからですね。

WM16

ポンコツ風紀委員とスカート丈が不適切なJK」が出張掲載。なんの違和感もなく読んでたけど、これシリウス作品だったな……。

「EDENS ZERO」

レベッカの数字がインクリメントされています。してみると、「30」というのはレベッカによって創られた世界線の数、というイメージか。ドラッケンは時間遡行を知覚できるのか? あるいは世界線はキャットリーパーの発動いかんによらず存在していて、ドラッケンはレベッカの番号を知っているだけなのか。後者だとすればレベッカの能力は「時間遡行」というより「世界線の移動」ですね。Steins;Gateか。

「ネクロマンス」

本誌最終回。web送りになってしまいました。まあなんというか、いい意味でマガジンらしからぬゆるめのラブコメでしたが、「カノジョも彼女」とか「それでも歩は寄せてくる」とか、最近立て続けに投入しているジャンルでもあるので、読者層が被るという判断もあったかもしれません。作品としては「触れない」と「ライトエロ」の食い合わせが悪すぎましたね……。いずれにせよ、サンデーだったらもっと人気出たのかも、という感想です。最近のマガジンのレベルが高いとも言える。

「XEVEC」

f:id:skyhorse:20200406222639p:plain

死ぬまでこの部屋で一人でシコってるときに使ってください。

WS16

「嘘月」

新ヒロインだったのか……。反応からしてシスジェンダーだとは思いますが、どうでしょうLGTに対しては「誘惑」は発動可能かどうか。「異性じゃないと効かない」の異性を「どこ」で識別するかですが……単純に「自分と同じジェンダーに対応する性的指向の持ち主」にしか掛けられない(=好意は操れるが性的指向は変えられない)とするなら、蒼の場合シスヘテ女、シスホモ男(ゲイ)、トラヘテ女(MtFなど)、バイセクシャルなどには発動し、シスヘテ男、シスホモ女(レズ)などには発動しない……ということになりますか。分かりやすいし、変な炎上も呼ばなさそうだけど折角のマンガなのでそういうアブないところに無造作に突っ込んでみてほしさもある。まあ、「同性には効かない」って設定の時点でそもそもそんな話は想定してないでしょうが。

トニカクカワイイ

なんか色々あってサンデーが無料公開されたせいか、このあらすじ欄を初めて見た方々から、前回までの話が知りたくてこの欄を見たのに、なんか珍文が載ってて話が全く分からんというもっともな正論を言われ困惑する畑健二郎

面白すぎる。#あらすじが本編 なんだから許してやれよ、と思わなくもないが、読者様には逆らえない。というか、先週号はあらすじ芸もなしで(ドラえもんがどこにいるか全く分からなかったぐらい)ド真面目にやってましたよね……? 畑先生のあらすじ芸はハヤテ時代からの持ちネタですが、サンデー無料公開によってハヤテを知らない世代がトニカワに触れたんだなぁと思うと感慨深いものがありますね。

YJ16

「可愛そうにね、元気くん」

その人は俺の飼い主だ

ちょっ……元気くん……? こマ?

元気くんが正直に答えてくれたことで先週分の考察は無価値になり、どう考察したらいいか全く分からなくなってしまいました。え、先生も元気くんもドマゾなら彼らを分け隔つものはいったい何? 主人に「オナホ」たることを求める傲慢さと、主人に何も求めない謙虚さの差? もしそうなのだとして、それがこれまでの展開の中で示唆されたことあります? 元気くんは主人に歯向かったり楯突いたりしない従順なドマゾだってことを示唆する何かありました? 全然分からない……僕の手に余る……

「バトゥーキ」

孟はいつ一里のことに気付いたんでしょうかね? あるいは気付いたわけじゃないけど喧嘩相手としてのリスペクトが殊勝なことを言わせているのか。耳は一里が壊した、的な流れでしたけど、始まる前から若の言葉聞こえてなかったことを考えると最初から潰されていたかもしれません。すると、やはり戦ううちに冷静さを取り戻して相手のことをよく見たら、あるいは手合わせしたらそうだと気付いた、ってところなのかしら。埋められるの可哀想だけど、誰も助けられそうな人がいないんだよな……。可哀想(大事なことなので二回言いました)。

モーニング16

「サガラ」

尖閣諸島問題における在日米軍の動きについては、2018年の産経新聞のインタビューで国防次官補が「日米安保の適用対象である」旨を言明しています。まあ、報道機関向けのおためごかしの可能性は十分ありますが、2012年の野田政権時代には米国上院でも同様の発言が記録されており、近年まではそのような認識であったと言えます。作中の元首相が安倍首相のように8年にも及ぶ長期政権を築いていたか分かりませんが、2018年の時点でそれがひっくり返されたというなら、正に今、東アジアのパワーバランスが変動している! というのが作中の想定ですね。というか、今気付きましたけど作中の年次設定どうなってるんだ? 2018年の覚え書きが元首相の貸金庫から出てくるってことは、少なくともその後に首相が交代していないといけない……くしくもサガラの連載開始は2018年です。作中設定も2018年だと思っていましたが、そう考えるとちょっと解せないですね。

「ミスターズ」

森野さん、脱サラだったんだ……。はるちゃんの嘆き方が尋常じゃないのでいったい何事かと思ったんですが、存外一般的な進路相談でした。まあ、本人にとっては至って深刻な悩みなのは分かりますが、悩んでるというより、哀しんでいるように見えるというか……

風太郎不戦日記」

ただ…本当に静かで善良な学生のことを--一番尊むべき弱者のことを忘れてくれるな

これは大学の改革派に告げた言葉ですが、今の日本には刺さる人が多い言葉なんじゃないですかね。何につけ、とかく観念的になりがちというか、片やイデオロギー原理主義的、片や数字で語る理詰め、みたいな、そういう言語世界に今日本のインターネットは成り果てています。そこに数字と化した個人一人ひとりは現れないし、イデロオギーに無視され傷つけられ捨てられる人々も登場しないのです。もちろん、個人から出発している運動もたくさんあってそれはいいことなのですが、個人から始めた運動が周囲を巻き込んで大きくなったときに、その傍らに佇む「無知」で「善良」な田舎の人間に目を向ける、そういう余裕が持てる世界であってほしいのです。そのためにはまず、その「善良」さを相互に信頼しあえる社会でなくてはいけないのですが、まあ、無理かね……。

エッジ4

読切「くじらのさんの放課後」(月野和青)。2月号で山形弁の女の子描いてた人ですね。今回はちょっと天然気味な水泳少女がヒロインです。ヒロインと主人公とで「別人が作画したのか」と思わせるほどの力の入れ方。話の流れとは別に、「そうそう、やっぱり人間のオーラにも生まれながらの格差ってのはあるんだよなー」なんて思わせてしまう残酷な演出です(そういう意図じゃない)。性格のいいネアカってネクラからすると太陽みたいな存在で、うっかり翼を授かると、眩しくて憧れて、近付きたくなっちゃうんだけど、近付きすぎると翼を焼かれて落っこちるんですよね。かなしい。

「狂犬ホストはデスゲームで愛を語る」(白木苺)は読切ではなく前後編の掲載の模様。全国からワケありの男が集められてデスゲームに興じさせられる……はいいんですが、そこにホストクラブを混ぜる勢いのよさ。なぜ混ぜた? ホストが表の顔だと言うなら、カイジみたいなどうやってもホスト無理な奴はそもそも拾われないのかな。

そしてマガポケから「女帝げぇむ」(たなかかなこ)が出張してきています。1話は取りあえずフリだけ。「トモダチゲーム」のマナブくんといい「リアルアカウント」のマーブルといい、こういうのの案内キャラはイジワルゲスキャラって講談社の社内ルールで決まってんのかね? それだけでもうお腹いっぱいなんだけど……。

「イケメン彼女とヒロインな俺!?」(斎創)はPalcyからの出張。男性誌では時々あるテーマですけど(「僕の彼女は最高です!」とか「可愛いだけじゃない式守さん」とか)女性誌でも人気なんでしょうか。宝塚の男役とイケメン男子の組み合わせなら実質BLってことで需要が見込めるのかな……。単に「カワイイイケメン」に需要あるという話かも。ちょっと違いますけど「オトメン」みたいな感じ? 中身は面白かったですが、やっぱりベリショの王子様ヒロインは少年誌青年誌では受けないだろうな、と思いました。

「淫らな青ちゃんは勉強ができない」

少年誌では見せられません

エッジって少年誌なんだ……へえ……B6判なのに……

というか、書いてて思ったけど、オトナ編入ってから青ちゃんが勉強してるとこ見たことがないな。いや、無印でもしてないと言えばそうかもしれんが……留年退学オチとか笑えんぞ。おせっせを覚えた直後なだけに余計にな……。

「彼氏絶対殺す彼女vs彼女絶対落とす彼氏」

この話の世界設定、勝手に玉鳥側の女子は「男に対するトラウマがある」とか「男への憎しみを持っている」という背景の子だろうと思ってたんですけど、なに? 普通に幼馴染同士で対の学校入って殺す殺されるの関係になるのが普通なの? というか、いじめから身を張って守るぐらい仲の良かった男を殺すことになって平気なのか? ちょっと分かんないですね……。

「深沢さん、ありがとう。」

最終回。2巻は電子書籍のみ! という厳しい処置です。電子書籍でも出版コストは実は対して変わらない、という話も聞いたことあるんですが、紙で出ない打ち切りマンガがこうして実際に登場してみると、やっぱり紙で売上悪いとこういうことになるんだと実感させられますね。いや、好意的に解釈すれば、「スケベなマンガなので紙媒体は全然売れなかったけど電子版は結構出たので、2巻は電子版だけに絞ったほうがいいと思った」ということかもしれません。電子版限定だと作者も献本とかもらえなくて可哀想な気もする。

内容としては……まあ、死体蹴りになっちゃうんですが、やっぱり「男のスケベ心」が前面に出てきちゃう構成がよくなかったんかなと。僕のようなクソ左翼の言い分はこの際マンガを売るにあたってはどうでもよいことで(いや良くはないですが)読者にヒットすればマーケティング的には勝ちだと思うんですが、読者としても「深沢さんのスケベは見たいが、深沢さんのスケベを見ている男の心情は別に見たくないし、そういう男が傍観者として存在すると萎える」という感覚があったりなかったりしたんじゃないでしょうかね。