.DS_Store

漫画の感想とかをひたすら書いていくブログです。

今週の新連載とか・2021年11号(3/13-3/19)

ウマ娘で寝不足です。感想もなんか薄味になってしまいました。

今週の新連載・最終回

IN

今週は新連載はありませんでした。

OUT

ドラゴン桜2

大団円……と言っていいでしょうか。主要なネームドキャラは一通り合格してハッピーエンドなのは間違いないですが、13人とかいうゴールラインが直前に引かれてしまったせいで、名前も顔も分からない二浪のモブが最終話の鍵を握る! みたいな引きになってしまっていて、正直これでいいのか? と思ってしまいましたね。まあだからと言って最後の13人目が早瀬や天野だったらいいのかというとそういうわけでもないですが……。とは言っても受験漫画なんて上手くオチつけるの難しいですよね。1のときは矢島は落ちて浪人生活入って終わったんでしたっけ? それを思うと三田先生があっさり終わらせるのはいつものこととも言えますね。お疲れ様でした。

今週の読み切りとか

WJ15

buster sweet(浜田志紀)

殺し屋一家の跡を継がせようと迫る父親と、ケーキ屋になるのが夢の少女の親子喧嘩登校バトルショート。短い中にエンタメがしっかり詰まっていて、画面も読みやすいし、中々面白かったです。毎回思うけれど、週ジャンは新人でもレベルが高いよ。

星、夜、星(たるは)

手塚賞が100回記念で海外特別部門を設けていたそうで、入選・準入選作品が電子版に一斉掲載されました。本作は入選の1作目。架空世界の荒野で奪われ、虐げられ、投げやりに生きている少年が、不死身の少女との出会いを通じて戦いの中、人生の夜明けを取り戻していく長篇です。深い陰影の絵は迫力があり、アクションシーンの動きも勢いがあっていいですが、内容に緩急があまりなく、読んでいてクラクラしました。完全創作世界に入り込むのが大変だったというのもあったと思いますし、導入がもそっと丁寧だったらまた違ったかもしれません。作者は韓国人の方のようで、原題はハングルだったようですが、本誌掲載に伴い和訳されたようです。

ARMADOS(Saikomic)

退屈な日常に倦んでいだ主人公が得たヨーヨーを操る異能の力と、人々を襲う鬼とのバトルアクション。異能バトルマンガの一話目のお手本みたいな読切で面白かったです(一話目っぽいこと自体は読切でもよくあることなので悪いことじゃない)。基本的には日本のマンガのフォーマットながら、部分的にはアメコミっぽい流れや動きもあっていいですね。ただマンガとしてはよく作れてるんですが、能力の設定とか戦う相手の設定とか、そういう部分はほとんど掘り下げてくれなかったので、「理由とかどうでもいいから異能でカッコいいバトルがしたい!」という主人公のキャラクターも相俟って、なんというかバックボーンのない、「形だけなぞった」作品になってしまっているような気もします。「2話」が読みたいですね。

雨男 Rainy Man(目食)

ひからびて人間が死に絶えた世界に生きる異形の少女と、自称「雨男」の仮面の男の出会いと、乾いた世界の悲鳴と献身を描いたホラーアクション。ゾンビや男のおどろおどろしい「仮面」など、全編を貫くエキゾチックでぞわりとした空気感と、血を暗示した「赤い雨」の生臭さがよく描けていて中々凄い。女の子はメカクレ褐色角と属性山盛りで可愛かったです(小並感)

DEVIL DIVE INFERNO(Jeronimo Cejudo)

プロレスのヒーロー=ルチャドールスペイン語。メキシコ等の中南米が舞台か?)に憧れる孤児院の少年とプロレス界のヒーロー、エル・ディアブロとの出会い、交流、戦いと成長を描いた本格派の読切。4作の中でもっとも「日本のマンガ」らしさを感じました。シャープな線と白黒の使い方など、絵の部分が大きいですかね。セリフ回しは流石にややぎこちないですが、ここまで行くと日本人が普通に描いた原稿と言っても通りそうですね。内容も定番ですがテーマははっきりしていてブレず、試合やギャグシーンなども分かりやすい読みやすいで完成度の高い原稿だと感じました。

YM16

今夜は車内でおやすみなさい。(小田原ドラゴン

ヤンマガwebからの出張掲載。本作としては2回目ですかね。2話同時掲載ですが、どちらもホロリと悲哀を誘う内容。まあでも、2話目なんか一歩間違ったらtwitterで宣伝どころかもう一度炎上する奴ですけどね……。もうDM送ったシーンから展開予想できて心が痛かったです。そうなるに決まってんじゃん、なんでそんなことしちゃうんだよ……でも、それが分からないからこそ、僕らはこうして負けているんだよなあ。あと、「月刊1ページ」という割には本作、1話辺り10ページあるんですが、この後また話が変わって、web連載ならそれぐらいいけますよってことになったんでしょうか……? それ自体はいいことですが、そうするとこの1話目の話っていったい……みたいなところはちょっとある(自虐エッセイってそうなりがちだが)

二度と自撮り送ってやんない!(竹掛竹や)

こちらもweb連載の出張掲載。同人? エロマンガを描く幼馴染のために素材として自撮りを提供する女子高生のラブ未満ショートコメディ。一言で言えば発想の勝利という奴ですね。男側はLINEの文面と原稿の上の手だけでよくて、ヒロインだけを一生描いていればいいなんて、考えれば考えるほどよくできたマンガだなあ。ヒロインは可愛いと思いました(小並感)

エッジ5

ウイルス転生から始まる異世界感染物語(原作:結城絡繰、漫画:ピロ汰)

「水曜日のシリウス」から出張。なぜシリウス本誌でなくこちらへ……? それはさておき、クレジット見る限りどうやら小説原作ではなくてマンガから起こした企画みたいですね。ウイルスという存在が異世界にもいるのか、とか、ウイルスに自我は保てるのか、とか、意識乗っ取りってどういうこと、とか、色々突っ込みたくなる要素はありますが、冷静に考えると、別に異世界の「ウイルス」がこの世界のウイルスと同じ仕組みである必要がないので、そこはどうでもいいですね。「コンピュータウイルス」だって、生物学的ウイルスとは全然別の概念だし、魔法生物的な異世界ウイルスがあっても問題ないか。感じとしては「転スラ」に近い読み心地がしそうかなと思いました。あれも乗っ取りではないけど、「捕食者」で姿形を再現するところから始まって内政無双ですからね。

女装してオフ会に参加してみた。(くらの)

あれ? 先月で出張終わりじゃなかったのか? まあいいや。今回はココアさんの素顔解禁回ですが、そりゃ女装が似合ってしかもそこそこ綺麗めになるんだから素材がいいに決まってるんだよなあ……。はいはい男姿でも素材良しなので可愛い可愛い(投げやり)。やはり我々負け組の夢も希望もバ美肉にしかないんだ!

WS16

うぇぶりネタバレ調査員★一色(一色美穂

うぇぶり宣伝マンガも3回目ですね。宣伝対象は新人読切の企画ということで、ちょっと珍しいですね。固定化していない不定期広告だからか、一色先生のガツガツした感情が相変わらず剥き出しになっているのがいいなと思います。そういえばこないだ子育てマンガバズってませんでした?

モーニング16

Bye-Byeアタシのお兄ちゃん(竹内佐千子

連続読切の後編は、犬(ポメラニアン)編! なんとケモです! ただし、ケモナーの王道パターンたる動物化・モフ化に行くのではなく、人化の方向ですね。でも、喋れないまま、犬耳残ったままというのは結構ツボを抑えている感じはある。美少女妹メイド受肉による救いは種を超える……やはり我々にはこれしかないんだ!

f:id:skyhorse:20210321225450p:plain

YJ16

吸血鬼ちゃんは鏡にうつらない!(古宮海)

『可愛そうにね、元気くん』の古宮先生がショートラブコメで帰ってきました。

『元気くん』ではドSヒロインと気弱ヒロインとが分かれていましたが、吸血鬼化させることで合体させる術を編み出したようです。相変わらず安定して性癖が歪んでいて面白いですね。

箱入り娘のDAY to DAY(藤丸)

口うるさい委員長と幼馴染の不良男子のシチュエーションエロコメディ。藤丸先生は成年誌でこれまで主に活動されている方ですね。道理でエロマンガ物理学みたいなのが働くわけだ(?)青年誌とはいえ18禁よりはソフトなエロですが、女体表現は流石にプロ。ただ2話目でヒロインがそこらへんに落ちていた(?)箱を被っているのはよく分かりませんでした。いや「箱入り娘」に合わせたかったのは分かりますけど、犬じゃないんだから。これもエロマンガ時空ではよくあることなのか?

魔王様の娘にかしづきたい!(煩悩寺佐助兵衛)

シンマン賞ショート部門受賞作。魔王のご息女推しのオタクメイドが念願叶って幸せな日々を過ごすというちょっと危ない内容。いや本人たちは幸せそうなのでいいんですが……ただ親の気持ちを考えるとこんな変態に娘を預けるのは不安ではなかろうかという。

その他

僕のヒーローアカデミア

f:id:skyhorse:20210321073055p:plain

救いようの無い人間はいるときに使ってください。

あ、いやいや、でも僕は信じてましたよ堀越先生を。ヒロアカは助けを求める人の手を取るために広げられる限りの手を広げるマンガですものね。知ってましたとも(震え声)

こはる、はる!

「あんたがたどこさ」って2番あるんですね。知らなかった……。

サタノファニ

f:id:skyhorse:20210321222050p:plain

強いちんぽには何者も勝てないときに使ってください。

魔女に捧げるトリック

渡辺先生、余裕なくなってきたのかな……。中世ヨーロッパにナフサはおろか、原油自体があるとは思えません。いや、全くないとは言いませんが、まともに入手できるシロモノではないでしょう。あと板ガラスも中世ヨーロッパには存在しないものだと聞いたことがあります。時代考証がなろう小説以下とか言われちゃいますよ!

彼氏絶対殺す彼女vs.彼女絶対落とす彼氏

モブが顔や身体すら描かれずにトーンで記号化されているの、演出だと思いますけど、手抜きに見えてしまいますね……。